トップ >瀬戸内の恵み>

瀬戸内の恵み

瀬戸内海は魚介類の宝庫
兵庫・播磨灘
 兵庫県の南側に位置する海域は播磨灘(はりまなだ)と呼ばれ、
岩礁が多く、鯛、タコなど豊富な魚種の好漁場として知られている。
明石で揚がる明石鯛、明石蛸など、全国的に知名度のあるブランド品となっているものも数多くあります。
ノリ養殖を始めとする養殖も盛んに行われています。
瀬戸内の鯛は最高級!
鯛そうめん瀬戸内海の強い潮流。
その潮でもまれて育った天然の鯛は身が締まって美味だと知られており、
明石、鳴門の鯛といえば全国ブランドとなっています。
お寿司はもちろん、お造り、煮付け、塩焼きとたくさんの料理があります。
鯛そうめんと呼ばれる、瀬戸内海の名物同士が出会い生まれた祝いの料理もあります。
絶品!明石ダコ
たこ兵庫県は、タコの漁獲量が全国でも三本の指に入る県の一つですが、
なかでも明石のタコが知名度が高く、よく知られているでしょう。
明石でタコといえば、お出汁で頂く熱々の「明石焼き」が人気です。
他にも駅弁で有名な「たこ飯」、お土産として喜ばれる「干したこ」などもあります。
芳醇な瀬戸内育ちの「兵庫のり」
のり海苔の養殖が盛んな兵庫県、その生産量は日本一。
栄養豊かな瀬戸内海で育まれたその海苔は、
香り・色艶・歯切れが良いと三拍子そろった「兵庫のり」となります。
食欲を誘う香り、パリッとはじけるその食感はおにぎりや手巻き寿司に最適です。
【代表的なネタ】
タイ、タコ、アナゴ、イカ、カレイ、アジ、サバ、シャコ、イカナゴ
タチウヲ、ハマチ、メバル、カサゴ、アイナメ、ヒラメ

お品がき

地図から探す

ランチ&夜の限定メニュー

店長イチオシメニュー

味彩会

兵庫県すし組合のポスターはこちら

すし同業者の皆さまへ すし組合に入りませんか

▲PAGE TOP