トップ > 新鮮ニュース > 令和3年7月14日、『魚鳥塚47周年供養祭』を執り行いました

令和3年7月14日、『魚鳥塚47周年供養祭』を執り行いました


2021年7月15日

令和3年7月14日、『魚鳥塚47周年供養祭』を執り行いました。

令和3年7月14日(水)神戸・須磨寺において恒例の『魚鳥塚供養祭』を執り行いました。 昨年はコロナの影響で組合員のみの参加でしたが、今年はワクチンの普及が進んできたこともあり、時期をずらして初夏の開催となりました。
不安定な天候でしたが、議員や来賓の方はじめ、協賛会の皆さん、組合員の皆さんなど大変多くの方にご参加いただきました。例年は境内に祀られた魚鳥塚で執り行われますが、今年は本堂の中で厳かに執り行いました。

「魚鳥塚」は、今から40年余前に同組合の初代理事長・渡辺喜一郎氏が発案し、建立されました。それ以来組合の大切な伝統ある行事として毎年供養祭を開いております。
日本の伝統文化「鮨」をまもって発展させていく責任をあらためて思う供養祭となりました。

20210714.jpg


お品がき

地図から探す

ランチ&夜の限定メニュー

店長イチオシメニュー

味彩会

兵庫県すし組合のポスターはこちら

すし同業者の皆さまへ すし組合に入りませんか

▲PAGE TOP