トップ >ひょうご五国のめぐみ >淡路

ひょうご五国のめぐみ「淡路」…寿司を握る職人の写真・白いのれんに「再発見、兵庫県の味」と「淡路」

淡路 「御食国(みけつのくに)」「花の島」「神の島」

国生みの神話で日本で最初に創られたと語られる淡路島は、“海人(あま)”と呼ばれた海の民がもたらした金属器文化や製塩技術などで古代の日本の発展に大きく貢献してきました。瀬戸内海特有の温暖な気候は、食の宝庫「御食国(みけつのくに)」と呼ばれるほどに多彩な食材にめぐまれるだけではなく、数多くの美しい花々を咲かせます。

さわらのにぎりの写真

さわらのにぎり
足が早く、寿司ネタとしては馴染みのないさわらですが、やわらかな歯応え、深みのある味わいは一度食べるとやみつきになります。

雀寿司の写真

雀寿司
もとは鮒、小鯛の腹に酢飯を詰めて雀の形にふくらませた伝統のお寿司です。明石の小鯛、白板昆布をつかって箱寿司にしました。さっぱりとした昆布と、小鯛の旨みの調和が味わい深い逸品です

淡路のメニューが食べられるお店

準備中です。

その他の地域

お品がき

地図から探す

ランチ&夜の限定メニュー

店長イチオシメニュー

味彩会

兵庫県すし組合のポスターはこちら

すし同業者の皆さまへ すし組合に入りませんか

▲PAGE TOP